マガジン

資金調達にはどんな方法がある?それぞれの特徴をご紹介

資金調達にはどんな方法がある?それぞれの特徴をご紹介

会社を経営していると資金調達に悩むことも少なくないと思います。
スタートアップ時や事業拡大をするとき、またはキャッシュフローが回らなくなってしまったときなど様々なタイミングで資金調達が必要になるかと思います。
今回は、そんな資金調達についてご紹介したいと思います。

 

資金調達は大きく3つに分けられる。

資金調達その1 アセットファイナンス

アセットファイナンスとは、会社が保有する不動産や動産、または売掛金などの資産から生み出されるキャッシュフローを返済原資とする資金調達方法のことです。

 

【メリット】
・不動産や売掛金などを資金化するので会社の信用力は関係ない。
・資金調達に要する時間が短い。(最短即日)
・借入とは違うため返済が必要ない。

【デメリット】
・資金化できる資産がないと利用できない。
・銀行融資と比べると手数料が割高。

 

アセットファイナンスの種類
①ファクタリング
②不動産ファイナンス

 

資金調達その2 デットファイナンス

デットファイナンスとは、銀行借入や債権発行など外部から借り入れをすることによって、資金調達をする方法です。

 

【メリット】
・融資の選択肢が多く資金調達しやすい。
・借入先によっては利息が安い。

【デメリット】
・借入のため返済が必要。
・信用力が低いと借り入れが困難。

 

デットファイナンスの種類
①銀行からの融資
②公的機関からの融資
③ノンバンクからの融資
④社債の発行
⑤私募債の発行

 

資金調達その3 エクイティファイナンス

エクイティファイナンスとは、会社が株式を発行することにより出資を受けて資金調達をする方法です。

 

【メリット】
・返済義務がない。
・自己資本が増えるため財務体質が改善される。
・事業内容やアイデア次第では多額の資金調達が可能。

【デメリット】
・経営権を握られる可能性がある。
・利益が出たら配当金を支払う必要がある。

 

エクイティファイナンスの種類
①公募(時価発行増資)
②株主割当増資
③第三者割当増資
④転換社債型新株予約権付社債

 

 

オンライン完結だから早い!バイオンのAIファクタリング
最短60分のAI審査で、請求書(売掛金)を即日買取させていただきます。
個人事業主様から中小企業様まで資金調達の際はぜひバイオンのAIファクタリングサービスをご利用ください。
▶︎ 登録がお済みでない方はコチラ!