マガジン

業種別に見るファクタリング事例をご紹介【建設業者様編】

業種別に見るファクタリング事例をご紹介【建設業者様編】

ファクタリングは幅広い業界で利用されていますが、特に建設業界の利用割合が非常に高いです。当社でも多数の建設業界のお客様にご利用いただいております。
ではなぜファクタリングご利用者様が、建設業界に多いのかという点についてご説明させていただきます。

理由その① 入金サイトが長い

請負契約の場合、工事完成から入金になるまでのサイトが非常に長いことが多いです。また工事にかかる期間も長く、場合によっては工事完成後全額後払いということも珍しくありません。そうすると工事期間が2ヶ月かかった場合、その期間入金はなく、さらに工事完成してからの入金サイトが長いので、4ヶ月間入金にならないことも多々あります。
ファクタリングは入金サイトを早めるサービスのため、売上は大きいけど入金サイトが長い建設業界との相性が良く、ご利用者様が多いのが理由その①になります。

理由その② 先出しする経費が多い

上記でも説明した通り建設業界では入金サイトが長いことが多いです。しかし請負契約の場合、工事に必要な材料や人件費、重機等のレンタル費用から外注費等の経費は先に支払わなければなりません。
つまり売上が大きく、工事期間が長ければ長いほど、先に支払う経費の負担が大きくなるということです。そこでファクタリングを利用して経費の支払いをするご利用者様が多いのが理由その②になります。

理由その③ 元請会社の倒産リスクの回避

ファクタリングは融資とは違い債権譲渡になるため、万が一売掛先が倒産してもご利用者様は返還義務を負いません。建設業では、取引規模が大きいため受注が高額になることも少なくありません。もし売掛先が倒産してその代金を支払ってもらえなかったら会社の受ける被害は非常に大きいものになります。そんなリスクを回避するためにファクタリングを利用する会社様も多くいらっしゃいます。それが理由その③になります。

 

 

オンライン完結だから早い!バイオンのAIファクタリング
最短60分のAI審査で、請求書(売掛金)を即日買取させていただきます。
個人事業主様から中小企業様まで資金調達の際はぜひバイオンのAIファクタリングサービスをご利用ください。
▶︎ 登録がお済みでない方はコチラ!