マガジン

二社間ファクタリングと三社間ファクタリングの違いについて

二社間ファクタリングと三社間ファクタリングの違いについて

二社間ファクタリングと三社間ファクタリングの違いをご説明させていただきます。

まず二社間ファクタリングと三社間ファクタリング一番の違いは、取引先(売掛先)に債権譲渡をしたことが知られるか知られないか、ここが一番の違いになります。

 

二社間ファクタリングとは?

二社間ファクタリングとは、その名の通り二社間(ファクタリング会社と利用者)の取引になります。なのでファクタリング会社は債権を買い取っても取引先(売掛先)には連絡や通知をしません。利用者が取引先(売掛先)から支払いを受けたらその金額をファクタリング会社へ振り込みをすることで取引が完了します。

 

三社間ファクタリングとは?

三社間ファクタリングとは、ファクタリング会社が利用者から債権を買い取ったら取引先(売掛先)へその旨を通知します。支払期日が来たら取引先(売掛先)がファクタリング会社に直接支払いをすることで取引が完了します。

 

それぞれのメリット・デメリット

二社間ファクタリング

メリット

・取引先への通知不要

・最短即日資金調達が可能

 

デメリット

・三社間に比べて手数料が高いケースが多い

・三社間に比べて審査が厳しいケースが多い

 

三社間ファクタリング

メリット

・二社間に比べて手数料が安いケースが多い

・二社間に比べて審査が緩いケースが多い

 

デメリット

・取引先への通知が必須

・二社間に比べて資金調達までの時間がかかる

 

 

オンライン完結だから早い!バイオンのAIファクタリング
最短60分のAI審査で、請求書(売掛金)を即日買取させていただきます。
個人事業主様から中小企業様まで資金調達の際はぜひバイオンのAIファクタリングサービスをご利用ください。
▶︎ 登録がお済みでない方はコチラ!