マガジン

ファクタリングと融資の違いについて

ファクタリングと融資の違いについて

ファクタリングは、期日未到来の売掛債権を売却することで資金化できるサービスなのに対し、融資とは、銀行などの金融機関にお金を借りるサービスのことを言います。
つまり、一番の違いは「売掛債権の売却」か「お金を借りる」ということになります。
その他にもファクタリングと融資の違いを以下の表にまとめてみました。

ファクタリング 融資
契約形態 債権譲渡契約 金銭消費貸借契約
取引形態 売買 借入
審査対象 売掛先 申込企業
審査日数 最短30分 1週間前後
限度額 売掛債権額が上限 申込企業の与信による
支払遅延中の調達 可能 不可
財務内容への影響 影響なし 悪化
連帯保証人 不要 原則必要
手数料 高い 安い

ファクタリングは、国(経済産業省)も推奨している人気の資金調達サービスです。
従来のように借入に依存するのではなく、保有の売掛債権を売却することで早期資金化し、資金繰りが改善されます。

 

オンライン完結だから早い!バイオンのAIファクタリング
最短60分のAI審査で、請求書(売掛金)を即日買取させていただきます。
個人事業主様から中小企業様まで資金調達の際はぜひバイオンのAIファクタリングサービスをご利用ください。
▶︎ 登録がお済みでない方はコチラ!